<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< でっかいどーぽっくる | main | おとな >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
ゆれる
JUGEMテーマ:映画
ゆれる‐goo映画

写真家の猛は、母の一周忌で帰郷した。父と折り合いの悪い彼だが、温和な兄・稔とは良好な関係を保っている。翌日、猛は稔、そして幼馴染の智恵子と渓谷へと向かった。智恵子が見せる「一緒に東京へ行きたい」という態度をはぐらかして、一人で自然へカメラを向ける猛。そんな彼がふと吊橋を見上げた時、橋の上にもめている様子の稔と智恵子がいた。そして次の瞬間、そこには谷底へ落ちた智恵子に混乱する稔の姿だけがあった…。

『蛇イチゴ』の西川美和監督による、重厚なドラマ。本音と建前、明と暗の間でゆらぐ人の心、それと同様に揺れ動く人と人の関係の不確かさを、綿密に練り上げられた演出とストーリーで見事に撮りあげた。兄の心の暗部に触れて湧き上がる感情を、時に繊細に、時に激しく演じるオダギリジョー。感情を抑えつつ、わずかな表情と身体の動きで心のゆらぎを表す香川照之。彼らの素晴らしい演技は、作品の骨格として確かに機能している。脇を固める伊武雅刀、新井浩文、蟹江敬三らの好演も光る。「揺れる吊橋のように不安定な心と絆の先に一体何があるのか」…観終わった後には、それを考えずにはいられなくなる作品だ。

BSで取り置きしたものをみました。
香川さんカッコいいですね。もちろんジョーさんはかっこいいです。
最後ね、ジョーさんが語っちゃうんですよね。あれがなければ、良かった。
兄の不安定さは、見た目、怯えてるだけの”ゆれる”だけど、
周囲に対して自分がどうあるべきかの”ゆれる”なんだよね。
それに対して、弟の不安定さは、空(無)のなかで”ゆれてる”んです。
あるか無しかの無(む)・・・でしかない自分が”ゆれてる”
実存的な考え方でみると、本当に面白かった。

* 22:12 * comments(0) * - *
スポンサーサイト
* 22:12 * - * - *
 コメント
 コメントする