<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 噴火 | main | であえー >>
「私という運命について」
白石 一文
コメント:内容(「BOOK」データベースより)大手メーカーの営業部に総合職として勤務する冬木亜紀は、元恋人・佐藤康の結婚式の招待状に出欠の返事を出しかねていた。康との別離後、彼の母親から手紙をもらったことを思い出した亜紀は、2年の年月を経て、その手紙を読むことになり…。―女性にとって、恋愛、結婚、出産、家族、そして死とは?一人の女性の29歳から40歳までの“揺れる10年”を描き、運命の不可思議を鮮やかに映し出す、感動と圧巻の大傑作長編小説。

JUGEMテーマ:読書
 年末本屋に行って、「角川文庫で女性が感動した本」という帯がついていたので、たまには恋愛小説もいいかと、買っていたものを読んだのだ。
内容はココ

フムフム、、、細かい風景描写を飛ばして読むと、厚いんですが早く読めます。
やはり私としては、心理描写はその行動や会話がいい。やたらと説明の多いのは、
少し、ひいちゃうかな。
* 13:30 * comments(0) * - *
スポンサーサイト
* 13:30 * - * - *
 コメント
 コメントする