<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ドキドキ | main | どうにもこうにも俺MHz >>
邪魔〈上下〉 (講談社文庫)
一気読み
風呂に入って上を出て下を読みました(笑)
出版社/著者からの内容紹介
この小さな幸せは、誰にも壊させない
2002年版「このミステリーがすごい!」第2位
第4回大藪春彦賞受賞
及川恭子、34歳。サラリーマンの夫、子供2人と東京郊外の建売り住宅に住む。スーパーのパート歴1年。平凡だが幸福な生活が、夫の勤務先の放火事件を機に足元から揺らぎ始める。恭子の心に夫への疑惑が兆し、不信は波紋のように広がる。日常に潜む悪夢、やりきれない思いを疾走するドラマに織りこんだ傑作。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
奥田 英朗
1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』(講談社文庫)でデビュー。第2作目の『最悪』が話題となりロングセラーに。『邪魔』で第4回大薮春彦賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


”もうどうでもいいや!!”とか"えっこんな自分がいたんだ"とか"何やっちゃった?短絡的?"という心理描写がうまいです。
このミステリーって、傷を負った後の悲しみや、自分の中の深い闇の中から生まれるミステリーじゃなくて、突然降って湧いた災難に咄嗟にどう動いちゃったかっていうミステリー。
一気読みできるくらいのスピード感でしか味わえないミステリーです。

JUGEMテーマ:本の紹介


* 23:36 * comments(0) * - *
スポンサーサイト
* 23:36 * - * - *
 コメント
 コメントする